下町に住む野良猫は土日に歩く。

「休日を彩り豊かに」下町住まいのウィークエンドアドバイザー

奥浅草|江戸ねぎま鍋の古民家居酒屋「浅草一文」は面白くて美味しい

雷門より仲見世通りより「奥浅草」がおすすめ!こんにちは、浅草〜蔵前界隈「浅蔵」住まいの下町ブロガーです。

千束から国際通りを渡ったあたりに、面白そうな居酒屋を見つけましたので、その日のうちに予約して、翌日に食べてきました。その名は、真田の六文銭ではなく「浅草 一文」。奥浅草には、美味しそうな・面白そうなお店がたくさんあるので、飽きませんね!

 

f:id:shitamachi-dog:20180526141633j:image

今回の主役は「江戸ねぎま鍋」
役者は千寿ねぎと、まぐろのトロ。
千住にある、日本で唯一の長ネギを専門にを扱う市場。そこで認められた長ネギだけが、千住ネギと呼ばれます。

そのほかにも、亀戸大根や品川かぶなど、江戸を感じる食材を使用しています。

奥浅草 ねぎま鍋 一文の場所

 

言問通りと国際通りの交差点近くにあります。浅草の駅から少し歩くのが難点ですが、裏浅草にたどり着くまでに仲見世や浅草寺など、散歩するだけで楽しめるスポットが目白押しです。

 

一文の特徴

f:id:shitamachi-dog:20180526142018j:image

趣があるお店が多い奥浅草においても、目を惹く外観の「一文」です。築65年、古民家を改装した建物となっています。

面白いのはお支払い方法

コース料理を注文する場合は、支払いはクレジットカードか現金で。面白いのはアラカルト(メニューからお好みで注文)の場合。あらかじめ一文の独自通過である「文(モン)」を現金で購入し、注文の都度、その文を使っていきます。

私たちはコース料理だったので文を使いませんでしたが、木製の升に入れた木札の文をテーブルに置き、そこから支払うというシステムです。1文は100円になりますので、5文は500円になります。メニューは全て文で表記されていて、飲み会の予算が決まっている場合には、あらかじめ予算分の木札を購入しておけば安心ですね。

なお、余った文は再び現金に換金できますのでご安心を。また、「俺は文なんか使わない!」という方は、文に換金せずに、食事後に普通に会計することもできます。その場合はクレジットカードもOK。

 

店内の様子

f:id:shitamachi-dog:20180527002427j:plain

古民家に土間を設けて、時代劇に出てくるかのような作りに仕上げてあります。テーブル、座敷、カウンター席、2階には25名が入れる大広間があります。1階の席は、予約状況に無理がなければ席の要望を聞いてくださるそうです。

 

30文コース

まず、食べログにクーポン券がありますので、注文の際に提示しましょう。

  • 竹酒1本サービス(2名様ごとに1本)

f:id:shitamachi-dog:20180527011137j:plain

竹酒をメニューで見ると10文(=1千円)するので、これは絶対に使いたい。なお、お酒に関しての注意であるが、グラスのみならず竹すらも容器が凍っているので、注ぐとき、飲むときに注意しましょう。表面の氷が溶けるまでツルツル滑ります。

 

f:id:shitamachi-dog:20180527010500j:plain

コース料理の方は、とにかく「ねぎま鍋」が食べたかったので、もっともリーズナブルな30文コースで予約しました。はじめに300文コースと言ってしまったのはご愛嬌。30文コースでも、鍋があるからけっこうなボリューム。もっと食べたい人は、40文コースと50文コースがあります。ース料理の予約は前日まで受け付け可。

【30文コースの献立】

  • 酒膳
  • 自家製青大豆のざる豆富
  • 一文しゅうまい(たらば蟹・帆立・鱧のすり身)
  • 江戸ねぎま鍋(うどん)
  • デザート

ここからは、料理を写真でどうぞ。

f:id:shitamachi-dog:20180527011608j:plain

f:id:shitamachi-dog:20180527011632j:plain

自分で押し出すところてん。

f:id:shitamachi-dog:20180527011713j:plain

ざるどうふは銀箔つき。

f:id:shitamachi-dog:20180527011755j:plain

しゅうまいのお吸い物が美味しすぎます。

 

待望のねぎま鍋

f:id:shitamachi-dog:20180527011853j:plain

適度に筋が残るマグロのかまの部分。
30秒ほど鍋に入れると、筋が溶けていい具合になるそう。
これはメバチマグロで、上ねぎま鍋はクロマグロになります。

 

f:id:shitamachi-dog:20180527012036j:plain

江戸ねぎま鍋だけあって、割り下が真っ黒。
濃そう!でしたが、実際にはそれほどではありませんでした。

まずはネギと椎茸を入れて、沸騰を待ちます。
沸騰しらたその他の野菜を入れて、それらが煮えた頃にマグロの出番です。

f:id:shitamachi-dog:20180527012311j:plain

待ちに待ったねぎま鍋。
ここにマグロをくぐらせて食べます。
野菜の出汁が出た割り下も取り皿によそって、マグロや野菜と一緒に食べると最高のあじ。

f:id:shitamachi-dog:20180527012700j:plain

筋があって固そうなマグロだったのに、口の中に入れるとパラパラパラと一瞬にして分解していきます。初めて食べるねぎま鍋は本当に美味くって、一緒にご飯が欲しかった。柚子胡椒を添えてどうぞ!

 

f:id:shitamachi-dog:20180527013140j:plain

〆はうどん。
残った割り下にうどんを入れ、煮立ったら火を止めてときたまごをかければ完成です。

f:id:shitamachi-dog:20180527013432j:plain

鍋料理のあとは、うどんだったりおじやだったり、最高ですよね。マグロの出汁もでているから、味わい豊かなスープに仕上がっています。

f:id:shitamachi-dog:20180527014305j:plain

最後のデザートは、最中アイス(いちご入り)でした。いちごが入っているだけで贅沢な気分になりますね。

 

ねぎま鍋はまた食べたいものリストにIN

一度は食べてみたいと思っていたねぎま鍋を、偶然通りかかり見つけたお店で食べることができました。しかも、予想を超える味。さらに木札による「文」払いという面白いシステム。次は、その文を使ってねぎま鍋を購入してみたい。

 

【江戸ねぎま鍋 一文】

  • 江戸ねぎま鍋 浅草酒膳 一文本店
  • 台東区浅草3-12-6
  • 03-3875-6800(予約はお電話で、コースは前日までに)
  • 1階は全席禁煙です
  • http://www.asakusa-ichimon.com/