;

下町に住む野良猫は土日に歩く。

「休日を彩り豊かに」下町住まいのウィークエンドアドバイザー

鋳物鍋を使うキッチン男子|バーミキュラの鍋が到着したのでさっそく料理をしてみました。

愛知県の鋳物メーカー【愛知ドビー株式会社】が製造する鋳物鍋「バーミキュラ」

到着したばかりの「バーミキュラ」に、さっそくさまざまな野菜を放り込んで、その驚きの性能を試してみました。

バーミキュラ vermicula

キッチン男子 初バーミキュラで野菜スープを作るの巻

「バーミキュラ」とは

2010年に発売された、鋳物(金属を溶かして鋳型に流し込み、冷却して固まることでできる製品)の鍋です。表面はホーロー加工がされていて、黒やグレーの他に、緑やピンクなど、華やかな色が用意されています。

ガスコンロはもちろんですが、全体が鉄でできていますのでIH調理器具も使用できます。

 

「ストウブ」や「ル・クルーゼ」との違いは?

蓋を含む全体が鋳物であることとホーロー加工による遠赤外線効果により、食材の組織を壊すことなく芯から温めます。鋳物の素材は、近年キャンプで大人気のダッチオーブンと同じ鉄鋳物。高い熱伝導性と保温性を持ちます。

加えて、「バーミキュラ」には、「ストウブ」や「ル・クルーゼ」には無い圧倒的な密閉性を持っています。この密閉性により鍋の中で発生した蒸気を閉じ込め、蒸気の対流が起こることで食材の外側からも熱を加えます。

この密閉性の有無が、他の製品と大きく違う「バーミキュラ」の特徴です。歪みがあって当たり前という鋳物にあって、日本の職人技が生み出したすごい技術です。

 

バーミキュラ 14

ワタシが購入したのは14センチのもの。グリーンがとても綺麗です。

夫婦ふたりなら、とりあえずこのサイズでいいかなと。いずれ、大きなものが欲しくなるかもしれませんが。。。

14センチは比較的お安く購入できました。価格は13,000円ぐらい。

他に、敷くマグネット式の鍋敷き(ナチュラルウッド マグネットトリベット 14cm用 ブラックウォールナット)も購入しました。こちらは4,000円前後で販売されています。

 

料理にとりかかります

バーミキュラ 料理

野菜はこれだけ用意しました。白菜がすごく高いので、困ったものですね。

人参 パルシステム

それから、パルシステムでおまけとして1本だけ貰ったこの有機人参。無農薬で手間暇かけて作っているそうです。
他に、鎌倉ハムのベーコンと生しいたけ。

 

じゃがいもやカブ、人参は乱切りにして、玉ねぎと白菜は適当にザクザク。

 

f:id:shitamachi-dog:20180203155750j:plain

全部入らない。

カブと玉ねぎは用意したものの半分しか入りませんでした。白菜がスペースを取りすぎました。

 

バーミキュラ 料理

 

f:id:shitamachi-dog:20180203155926j:plain

材料を全て入れたところでキューさんのチェック。

「ギュギュ」f:id:shitamachi-dog:20180215225100p:plain

顆粒のコンソメを、ティースプーンで1杯だけ入れた方が良いとのこと。

それから、鍋の大きさが小さめなことから、野菜から滲み出る水分も少なそうなので、水を100cc程度入れました。大きな鍋で野菜がたくさん入れれば、若しくはスープのように飲むメニューでは無ければ、水は必要無いかもしれません。

「バーミキュラ」は、野菜から出る水だけで料理が作れる、無水調理ができる鍋です。

 

f:id:shitamachi-dog:20180203160533j:plain

さすがに鍋に入れすぎたかなと思ったら、やはり溢れていました。

野菜がてんこ盛り。

 

f:id:shitamachi-dog:20180203161111j:plain

でも、野菜に火が通れば柔らかくなり蓋は閉まるので、多少浮き上がっていても大丈夫です。ほらこの通り、IHのスイッチを入れて数分で、蓋が下がってしっかり閉まりました。

 

調理時間

初めての調理でしたので、目安がわかりません。「バーミキュラ」に付属していたレシピブックを見て、似たような料理の時間を参考にしました。

f:id:shitamachi-dog:20180203161443j:plain

定価1,400円のレシピ本が付いてきました!お得。

IH調理器の6段階あるうちの下から2番目の強さにセットして待つこと40分。

そんなに弱くて大丈夫?と思われるかもしれませんが、蓋まで全体が鉄鋳物の「バーミキュラ」は、熱伝導性と保温性が高いので、これで十分に熱くなっていました。

 

そしてなんと、その温度設定でも40分後には吹きこぼれてしまいました。

水はほどほど、温度設定もほどほどなのに、内部の食材にしっかりと火を通してくれた証拠です。

 

「バーミキュラ」が温まってくると、すごく甘い良い香りが漂ってきました。経験したことのない香り。甘くするための調味料は何も入れていないにも関わらず、まるでシチューを煮込んでいるような甘い香りが鍋から漂ってきました。

食べる前から、「バーミキュラ」ってすげーっ、と妻チャンと感心しまくりでした。

 

料理の具合はどうでしょうか

f:id:shitamachi-dog:20180203162513j:plain

ピタッと鍋本体にくっついた蓋を開けてみると、見るからに柔らかくなっている様子。

お吸い物の蓋が張り付くかのように、「バーミキュラ」の蓋も鍋本体に張り付いていました。この密閉性、本当に工作精度が高い鍋です。

 

さて、カブは原型をしっかり留めながらも、飲み物になったかのようにふにゃふにゃになっていました。野菜の細胞を壊さないというのは、こういうことなんですね。柔らかくなっている野菜が、まったく崩れていません。柔らかいのに形はしっかりとしています。人参や玉ねぎも同様でした。

 

f:id:shitamachi-dog:20180203163542j:plain

f:id:shitamachi-dog:20180203163658j:plain

艶々してしっかりしていますが、実はふにゃふにゃに柔らかくなっています。次は、もう少し短い時間でも良さそうです。

 

味の方は、野菜の旨味が全て濃縮されたスープという感じで、妻ちゃんに大評判の出来でした。ワタシの腕というよりも、「バーミキュラ」のお陰ですが。

翌日の朝食にする予定でいましたが、夕食後で夜遅かったのにも関わらず半分も食べてしまいました。

 

「バーミキュラ」は、一生使える調理器具です

「バーミキュラ」には、充実したサポートが用意されています。

その一つがリペアサービス。

何年使用したとしても、リペアサービスを利用することができます。

ホーロー加工が剥がれても、ホーローを剥がして新たにホーロー加工を施してもらえます。長く使って愛着を持った鍋をずっと使うことができるなんて、素晴らしいですね。

さらに、リペアの際にカラーを変更することもできます。

 

オーナーズマイページ

オーナーズマイページというウェブサイトが用意されています。

このサイトでは、バーミキュラオーナーの皆さんが投稿したレシピが掲載されていて、それを参考にしたり、自分のレシピを投稿したりすることができます。また、バーミキュラのキッチン用品を、オーナーだけの特別価格で購入することができます。

 

これからちょくちょく、この「バーミキュラ」で料理を作ってみようと思います。いままでと同じ食材、料理でも、いままでと違うものが出来上がりそうで楽しみです。

ご興味のある方は、ぜひアマゾンを覗いてみてください♪

 【一生使えるバーミキュラは画像↑をクリック】