下町に住む野良猫は土日に歩く。

「休日を彩り豊かに」下町住まいのウィークエンドアドバイザー

亀戸|芥川龍之介も愛したお店はここ。くず餅と言えば船橋屋できまり!

スイーツと言われるような洋菓子は、いろいろなところに有名店がありますが、和菓子に関しては、圧倒的に少ない気がします。

人気が無いわけではないんでしょうけど、食べる機会も少なくなりましたね。

さて、本日は日本のスイーツです。

場所

f:id:shitamachi-dog:20171202164632j:image

亀戸天神のそばにある、くず餅で有名な亀戸船橋屋本店です。近年は、駅構内で販売したり、柴又帝釈天参道やソラマチにも出店しています。

 

芥川龍之介先生が、中学生時代に体育の授業を抜け出してくず餅を黙々と食べていた、というエピソードがあり、お気に入りのお店だったようです。他にも、店の看板は、吉川英治先生の揮毫によるもの。今も店内に掲げられていました。外観は、見るからに伝統ある店構えですね。

喫茶室

f:id:shitamachi-dog:20171202171556j:image

お持ち帰りの他に、こちらの本店では、店内の喫茶室で、くず餅や、ぜんざい、あんみつ等を食べることができます。

 

f:id:shitamachi-dog:20171202165219j:image

f:id:shitamachi-dog:20171202165232j:image

真ん中に10人掛けのテーブルがあり、周囲にはぐるっと取り囲むようにテーブル席が並んでいます。グループで訪ねても、楽しく食べられそうですね。

クリームあんみつ

f:id:shitamachi-dog:20171202165436j:image

くず餅はお土産にして、クリームあんみつを頂くことにしました。たっぷり入って900円。

 

f:id:shitamachi-dog:20171202165607j:image

よく見たら、くず餅も入っていました。船橋屋ならでは。たっぷり赤えんどう豆が入ったてんこ盛りに黒蜜がたっぷり。

 

f:id:shitamachi-dog:20171202165839j:image

船橋屋本店の奥には、中庭がありました。ここは喫煙所ではないようですのでご注意ください。なお、お手洗いはこの奥にあります。

 

f:id:shitamachi-dog:20171202165919j:image

吉川英治先生揮毫の看板

お土産

f:id:shitamachi-dog:20171202170014j:image

名物のくず餅です。船橋屋のくず餅は、切れているから食べやすい!

見るからにベタッとくっつきそうなくず餅ですが、船橋屋のくず餅は、剥がれやすいのが特徴です。箸でつまむとすぐにバラバラになって食べやすいんです。さらに黒蜜は船の形になっていて可愛い。

店舗以外の購入

休日になると、外まで並ぶほど喫茶室が混み合いますが、亀戸駅前やソラマチにも店舗があります。

 

なお、喫茶室は17時00分がラストオーダー、閉店時刻は17時30分ですのでご注意ください。

人気ブログランキング