下町に住む野良猫は土日に歩く。

「休日を彩り豊かに」下町住まいのウィークエンドアドバイザー

奥浅草|中国茶を飲むなら美味しくたくさん飲めるここに決まり!

ただの烏龍茶と思うことなかれ。
これは、国家主席と委員長が飲んだお茶である!
本日の記事は、すっかり中国茶にはまったワタシから、お茶好きのあなた、美味しい中国茶を飲みたいあなたにお届けします!

 

f:id:shitamachi-dog:20180425234506p:image

 

中国茶館香香天風の場所

お店の名前は「中国茶館香香天風」といいます。
場所は、奥浅草の浅草4丁目にあってどこか見覚えのある店構え。

マップ:奥浅草周辺

 

f:id:shitamachi-dog:20180425235026j:image

看板には「浅草豆花大王」とある。

 

そうなんです。

「浅草豆花大王」と店舗を共有しているんです。お茶を飲みたいときも、台湾スイーツ豆花を食べたいときも、いずれもお店は豆花大王でOKなのです。

 

f:id:shitamachi-dog:20180426000221j:image

客席に区別はなく、フロアスタッフさんも共通。実は、いつもいるフロアスタッフさんの正体は、中国茶コーディネーターにして「中国茶館香香天風」のオーナーであった。しかも、オーナーさんは北京語を話すことができます!

 

f:id:shitamachi-dog:20180426131437j:image

隅の一角には、お茶道具が並んでいます。ここでお茶をセットしているんですね。

 

おすすめのお茶のメニュー

台湾・中国烏龍茶の飲み比べセットをはじめ、種類豊富なお茶が用意されていますが、おすすめしたいのは「お茶特セット」です。

  • 500円以上のスイーツ・フードを注文した方
  • 特別価格650円

2018年4月

  • 獅峰龍井(しほうろんじん)
  • 白牡丹(別名、白い紅茶)
  • 翠玉(さっぱり烏龍茶)

2018年5月

  • 碧螺春(へきらしゅん、ミントのような香り)
  • 白牡丹(ばいむうだん、別名 白い紅茶)
  • 金萱(きんせん、バニラの香りのさっぱり烏龍茶)

2018年6月

  • 陽春白雪(香り抜群、白ジャスミン茶)
  • キーマン(スモーキな中国紅茶)
  • 阿里山烏龍(さっぱり台湾烏龍茶)

f:id:shitamachi-dog:20180603153824j:plain

6月更新 

まずは豆花から

f:id:shitamachi-dog:20180426224105j:image

f:id:shitamachi-dog:20180426224113j:image

まずは、ヘルシースイーツ豆花で500円以上の注文という条件をクリアします。上の黒い豆花は、妻チャンの黒ごま入りシロップ。イカ墨のように真っ黒で、妻チャンいわく「失敗した。」とのこと。

下の方はワタシの豆花で、黒糖シロップにピーナッツ、白きくらげ、さつまいも団子の3点をトッピング。お腹が空いているときには、さつまいも団子がグッドチョイスなんです。

 

獅峰龍井(しほうろんじん)

f:id:shitamachi-dog:20180426225011j:image

そして、獅峰龍井です。
人の手で平らに伸ばされた茶葉、独特な姿をしていました。
ぱっと見は、さやえんどう。

 

f:id:shitamachi-dog:20180426225457j:image

こちらのお店では、茶葉の広がりを見て楽しめるように、ガラス製の急須が使われています。高い位置からお湯を注いで、くるくるっと回転する茶葉。さっき摘んできたような鮮やかな色をしていて、じわじわと広がっていきました。

 

f:id:shitamachi-dog:20180426230814j:image

f:id:shitamachi-dog:20180426230824j:image

湯呑みグラスに注ぐと、黄金色のお茶。

もうね、香りからして初めての体験でした。飲むと、渋みのない透き通った味。

習近平国家主席と金正恩委員長の極秘会談の際に、習近平国家主席が振る舞ったのが、この獅峰龍井だと言われています。これ以外のお茶は有り得ない、キングオブ中国茶が獅峰龍井です。

 

翠玉

f:id:shitamachi-dog:20180426232421j:image

そして次の週に飲んだのが、台湾の翠玉です。翠玉は、近年になってから交配によって作られたお茶で、伝統ある高級茶葉とくらべると、どうしても格下とされてしまう。

しかし、現在在庫している翠玉はちがったようで、とてもスッキリとした、ジャスミンティーを思わせる香り豊かな烏龍茶に仕上がっていました。
よく見ると、葉っぱが烏龍茶ですね!

f:id:shitamachi-dog:20180427002300j:image

街の料理屋で出されるようなお茶しか知らずに飲むと、幸福感で全身が満たされます。
そんな気分。(←本当)

 

金萱(新茶)

f:id:shitamachi-dog:20180509222449j:plain

バニラのような香りがする烏龍茶、金萱です。

 

f:id:shitamachi-dog:20180509223026j:plain

茎があるのは手摘みの証し、
揉まずに仕上げています。
まさに葉っぱ!

 

f:id:shitamachi-dog:20180509223851j:plain

お茶の名前は金萱というだけあって、黄金色ですね。バニラのような甘い香り、しかし飲むと香ばしい味わいです。良いお茶は美味しいですね!

 

キーマン

f:id:shitamachi-dog:20180603154006j:plain

f:id:shitamachi-dog:20180603154038j:plain

茶葉の雰囲気はいたって普通の紅茶ですが、香りがと味が独特。スモーキーフレーバと言われるだけあって、燻製のスパイシーな香りがします。これは、茶葉の仕上げに松の葉で燻してあるからです。例えるなら、ウイスキー。

 

f:id:shitamachi-dog:20180427002500j:image

コーヒーに加えて、これからは中国茶も楽しもうかなと思うわたしです。

 

▼台湾のヘルシースイーツ「豆花」の情報はこちらです

 ▼最近ホットな奥浅草、ビッグホットケーキはこちらに情報アリ

www.shitamachi55.tokyo

 


カフェ・喫茶店ランキング

★この記事よかったよ!という優しい方がいらっしゃいましたら、Twitterやブックマークで広めていただけると励みになります!