下町に住む野良猫は土日に歩く。

「休日を彩り豊かに」下町住まいのウイークエンドブロガー

中央区|東京に銭洗弁天!?鎌倉まで行かなくても良いんです!

銭洗弁天が東京にある?何言ってるんでぇ!

ところがあるんです。日本銀行や兜町、それに三井越後屋の流れを汲む三越のある室町といった経済・金融活動の中心地、お金の匂いがぷんぷんする日本橋に、銭洗弁天があるんです!

 

で、どこにあるんだ?って、まぁまぁ、少々お待ちください。お急ぎの方は、目次から「東京の銭洗弁天、小網神社」をタップしてください。

 

 

鎌倉まで行くより東京の銭洗弁天の方が、お金に関してはパワースポットだと思うんですよ。日本橋川を通じて蓄積したパワーが、火山のマグマのように地下に溜まっている気がするんです!

 

f:id:shitamachi-dog:20180208000212p:image

でも、銭洗弁天ってよく考えると何?と思いませんか。鎌倉では、「小銭をザルに入れて、洞窟の清水で洗うと増える」という言い伝えがあるのは、ご存知の通りです。でも、それは由来ではありませんよね。

 

銭洗弁天の由来

東京の銭洗弁天をご紹介する前に、少しだけお付き合いください。

そもそも鎌倉の銭洗弁天は、時の最高権力者である北条時頼が、そこに湧き出る清水でお金を洗って一族の繁栄を願ったことが発祥といいます。江戸時代ですら年貢米であるのに、鎌倉時代には既にお金なんですよ。

 

当時の日本は、平清盛が日宋貿易を振興して以来、渡来銭(トライセン)と呼ばれる宋銭の流通が拡大していました。そしてついに1,226年には、鎌倉幕府が公式に渡来銭の使用を認めます。

それ以前の絹を基準とした課税の仕組みから、貨幣が経済活動の主役に名実ともに切り替わりました。その後の1,257年に、前述の北条時頼が銭洗弁天において繁栄を願っています。

 

この頃には、一族を支える基盤は貨幣となっていたと考えれば、その貨幣に願いを込めるのは、自然な流れだと思います。

 

でも、なぜ執権はお金を洗ったのか。

銭洗弁天には、辨才天が祀られています。辨才天を辿ると、ヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティーに至ります。

元来インドの河神であることから、日本では水にかかわる祈りごとに祀られたり、島、港、泉に祀られたりしました。

また、蛇神である宇賀神と融合して宇賀弁財天となり、宝珠と宝蔵の鍵が持ち物に加えられました。辨才天の文字は、その音から次第に辨財天と書かれるようになり、福徳神・財宝神としての性格が強まります。

 

はい、ここまで整理すると、辨才天と水とお金が繋がりましたね。

 

ただ、漫画「鎌倉物語」では、お金への執着や欲望を洗い流すという記述がありましたので、いろいろな解釈はあるのだと思います。

 

 

東京の銭洗弁天、小網神社

小網神社周辺のマップ|人形町駅、水天宮駅、三越前駅から歩けます。

 

さて、そんな銭洗弁天が、実は東京の日本橋にあります。東京証券取引所や日本銀行、三井本館がなど金融各社が集まっている日本橋界隈にあるとは、エネルギーを感じます。

 

f:id:shitamachi-dog:20180208010223j:image

f:id:shitamachi-dog:20180208005557j:image

中央区日本橋小網町にある、小網神社。

室町時代中期に創建された稲荷社を起源とし、明治期の神仏分離令により、小網神社となりました。

裏手には、かつて日本橋川から分岐した運河、堀留川があり、神社に面した道路がくねっとしているのはその名残です。また、社殿は、昭和4年の造営と、貴重な建物が残ります。

 

銭洗いの辨天様

f:id:shitamachi-dog:20180215002156j:image

そして、こちらが銭洗いの辨才天様です。

(平成30年2月14日撮影)

このお水で清めた硬貨を財布に入れておくと、その硬貨が種銭となって新たなお金を呼び込み、財運向上のご利益があると云われています。ザルがありますので、それを使って洗ってください。

 

f:id:shitamachi-dog:20180215003045j:image

(平成30年2月14日撮影)

びっくりしたのが、小さな神社にもかかわらず、ものすごい数のお守りや絵馬などのアイテムがあることです。

 

f:id:shitamachi-dog:20171129190255j:image

11月28日は、どぶろく祭りが催され、参拝者には、どぶろくが振舞われました。

 

小網町や隣の人形町では、ここに参拝すると宝くじが当たると評判です。

小さくまとまった神社ですが、場所柄、少し歩けば日本橋や丸の内にアクセス可能ですので、休日の散歩にいかがでしょうか。

 

  • 小網神社
  • 中央区日本橋小網町16-23 
  • 人形町駅、水天宮前駅、三越前駅のいずれからでも徒歩でOK。

 

小網神社周辺のランチと街並み情報は、こちらをご覧ください 。

 

こちらも近く、藤原秀郷(平将門の乱)以前よりある歴史ある神社です。

 

小網町から歩いてすぐ、カフェラテがうまいお店も散歩にどうぞ。

 人気ブログランキング