下町に住む野良猫は土日に歩く。

「休日を彩り豊かに」下町住まいのウィークエンドアドバイザー

ベトナム ダナン旅行|ナマンリトリートのフリーアクティビティでろくろ回しを体験!

この記事では、ダナンのリゾートホテル「ナマンリトリート」で体験したフリーアクティビティ「Pottery」を紹介しています。

ベトナム ダナンは、11月から1月までが雨季となり、毎日ひたすら雨が降り続きます。わたしたち二人がダナンに滞在した雨季前の9月9日は、快晴でも暑すぎず、過ごしやすい気候でした。

ナマンリトリートの場所

宿泊先であるナマンリトリート(Naman Retreat)は、ダナン市最南端にあるリゾートホテルです。ホテル内には、宿泊者が無料で遊べるアクティビティがいくつかあり、ご紹介する「Pottery」もそのひとつです。

WiFi事情が気になったらこちらをクリックください

 

フリーアクティビティ 陶芸体験「Pottery」

ホテル内にある掲示板やチェックインの際に受け取った資料に、さまざまなフリーアクティビティの一覧が書かれています。でも、他にも行きたいところや遊びたいことはたくさんある!

部屋からレストランまでの往復に掲示板を見て、たまたま実施時間が近かったら参加するパターンがほとんど。無料なだけに、当初はリゾート内のアクティビティに注目していませんでした。

 

今思い出せば残念。

 

これからナマンリトリートに向かうあなたには、ぜひいろいろ遊んで楽しんでほしい欲しい。些細なものでも、日本ではなかなか経験できないものばかりです。

 

「Pottery」も偶然見つけたもの。
プールサイドの一角で「Pottery」と書かれたプレートと、ろくろを回すスタッフさんを見つけました。英語はできなくても、Pottery(=陶芸)の意味は知っていましたので、「陶芸のフリーアクティビティじゃないか!」とわくわく。

 

すぐにLINEで妻チャンを呼び寄せ、さっそく一緒に挑戦。ろくろを回すのは初めての経験だし、何より、地元の人たちと一緒に遊ぶのが楽しそう。「あのスタッフおばちゃん、絶対近所の人だよ。これがホンモノの現地アクティビティだ!」などとワイワイしながら、参加しました。

 

ベトナムの地で現地の人と陶芸に挑戦

f:id:shitamachi-dog:20170910164315j:image

スタッフさんが土を置いて土台を作ってくれました。「こんな風にやるんだ」と言っているように聞こえたので、真似てみます。

手先には少し自身があるわたし。
正直言って「こんなの簡単、楽勝!」と思っていました。

 

しかし。

 

f:id:shitamachi-dog:20170910164937j:image

むむむ、難しい。
あっという間に粘土は崩れて、
グチャグチャになりました。
見本通りにやったつもりなのに。

 

余裕ぶっこいていたのがバレたのか、
男性スタッフさんの表情には「言った通りにやれよ」という気持ちが滲み出ていましたよ。その横で、おばちゃんは苦笑い。そんな阿呆らしい経過が楽しい。

二度目は崩れずに、なんとか完成。

 

次は妻チャンが挑戦します!

f:id:shitamachi-dog:20170910165323j:image

「不器用だから、陶芸なんてやらない!」としきりに言っていたのに、わたしに無理に勧められてしぶしぶ始めると、やたらと前のめりになって取り組む妻チャンでした。

 

f:id:shitamachi-dog:20170910165617j:image

グイーッと姿勢が前のめりになる嫁チャン。
渋っていたのに気合いが入りまくっていました。

ずるいのは、男性スタッフさんの教え方が、わたしの時とだいぶ違う気がしたこと。わたしの時の表情とはうって変わって、やたらと親切・丁寧に教えていました。

言葉が通じる日本人相手にならまだしも、海外にいても何故か人に好かれる妻チャンに脱帽です。過去には、ベガスのホテル内の廊下で、宿泊中の元ヘビー級チャンピオン マイク・タイソン氏に突撃して"You are pretty girl, ha ha !"と言われながら握手していたとか。

 

言葉は通じないながらも、現地のスタッフさんと身振り手振りでわいわいがやがやしながら、二人とも粘土をコップの形に整えることができました。初めて陶芸に挑戦しましたが、手を土まみれにして粘土をいじっているだけで、結構面白いですね。それだけではなくて、言葉が通じない現地の人たちと一緒に遊ぶのが面白いのかも。

 

f:id:shitamachi-dog:20170910165822j:image

コップの形ができたところで、次は模様を粘土に彫り込みます。妻チャンはイニシャルを彫り込み、わたしは名前だけではダサすぎて記念に宿泊したルームナンバーを彫り込みました。でもね、これはろくろ以上に難しいですよ。

 

模様を付け終えたら、強い日差しが降り注ぐ広場に置いて、夕方まで乾燥させました。一応、これで終了です。

 

f:id:shitamachi-dog:20170910165952j:image

初めてにしては良い形に仕上がっていると思いませんか?

釜に入れて焼ければよかったんですが、あくまで体験ということでここまでです。日本に持って帰り、釜に入れて焼成するということも考えましたが、わたしにはツテが無く。そのつもりでカバンに入れて持って帰っても、途中できっと粉々になるでしょうから、思い出だけを記憶と写真に留めることにしました。

 

f:id:shitamachi-dog:20170910171131j:image

初めて作ったものなので悲しいですが、
翌日には海に。
あっという間に波にさらわれて、
海の中に溶けていきました。

 

海を目の前にしたプールが最高!

f:id:shitamachi-dog:20170910170138j:image

陶芸体験の後は、海を前にしたメインプールでのんびり。まるで、プールがどこまでも続いているかのようです。空と海がどこまでも続く景色は素晴らしい。

なお、こちらのプールは、海に近い方だと水深は2メートル近くあるので注意してくださいね。お子さんは手前の方で遊びましょう。 

 

プールサイドにバーがあります

f:id:shitamachi-dog:20170910170259j:image

f:id:shitamachi-dog:20170910170322j:image

プールサイドにあるバーで、お好きなドリンクを注文することができます。このピニャコラーダは、パイナップルジュースとココナッツミルクを砕いた氷と一緒にシェイクして作るロングドリンク。南国でまったりするのにぴったり。

バーカウンターの中にはヤシの実がたくさん置いてあって、日本で飲むものより濃厚かつ果実感があって断然美味しい。ミネラルウォーターなら、定期的にスタッフさんが持ってきてくれますよ。もちろん無料サービスです。ベトナムの水道水は飲めませんからね。

 

フリーアクティビティ「Pottery」まとめ

当初はフリーアクティに目を向けていませんでしたが(ウェブサイトにも記載はないと思います。)、いざやってみると楽しくて良い思い出になりました。

せっかくリゾートホテルに来ているんですから、時間を忘れてこんな遊びに真剣になるのも「アリ」だったんだなぁと、日本に帰ってきて仕事をしていると、思い出されます。

ナマンリトリートに宿泊されたら、皆さんもなるべくたくさんのアクティビティを楽しんでくださいね!

 

▼ベトナムのWiFi事情はこちらをクリックください

 

ホテルとその他の有料アクティビティ

▼宿泊したベトナムダナンのリゾートホテル、ナマンリトリート(Naman Retreat)の詳しい情報はこちらをクリック

 

パラセーリングも最高でした!
▼体験談はこちらにあります。


 人気ブログランキング

★この記事がよかったね!という優しい方は、Twitterやブックマークで広めていただけると励みになります!