;

下町に住む野良猫は土日に歩く。

「休日を彩り豊かに」下町住まいのウィークエンドアドバイザー

月島のふくろうカフェは、モフる穴場ではないかと思う

ふくろうと濃密な時間を過ごせます。

月島に、大きいふくろうから小さなふくろうまで、気に入ったふくろうを腕に乗せてモフれる、元祖「ふくろうカフェ」がありました。

 

月島といえば、もんじゃ焼きをイメージするだけに、古くから「ふくろうカフェ」があるとは意外。そんなわけで、月島の「フクロウのみせ」をレポートします。

 

月島 フクロウカフェ ふくろうのみせ


最寄駅は、都営大江戸線又は東京メトロ有楽町線の月島駅。駅を出て、ほんの少し勝どき方面に歩いたところにあります。

 

f:id:shitamachi-dog:20180215142311j:image

帰りに撮影したので、暗くなってしまいました

清澄通りを歩くと、下町の底力スーパー「フジマート」が見えますので、そのスーパーの角を右に曲がるともうすぐです。

 

店内は臭くない

中に入って見ると、白を基調とした開放感のあるお店。

ふくろうがたくさんいますが、ほとんど臭いません。清潔にしているのは、鳥にも人にも良いこと。

 

f:id:shitamachi-dog:20180215143831j:image

店内は明るい。

だから、ふくろうをはっきりと見ることができます。

 

もちろん、それだけじゃない!

 

 f:id:shitamachi-dog:20180215143115j:image

こちらの「ふくろうカフェ」では、好きなふくろうを腕に乗せることができます。

スタッフさんに伝えて、お好きなふくろうを腕に乗せてもらいます。

また、1度に1羽となりますが、何回でもふくろうを取り替えることができます。

 

貴方さえ良ければ、頭に乗せても構いません。

だだし、鳥ちゃんに共通することですが、ウンチの躾はできませんので、覚悟の上で。

 

「覚悟なんかできないよー」

という方には、ハリーポッターのマントがあります。

 


奥にカウンター席、他にソファ席があります。

おっと、カフェですから、一応ドリンクが一杯付いています。

ワインは+200円。

 

自分だけのふくろうと共に

過ごす1時間。

当店の料金は2,000円です。

高いか安いかは、

貴方の「ふくろう愛」によります。

 

では、ふくろうと遊びましょう

小さなふくろうは、大きなふくろうのことが怖いそうなので、入り口側と店内奥側で遊ぶスペースを分けています。なので、大きなふくろうを腕に乗せたまま、奥まで行かないようにしましょう。

 

詳しい注意事項は、始めにスタッフさんがふくろうとともに説明してくれるので、安心してくださいね。

 

f:id:shitamachi-dog:20180215150943j:image

英語堪能なスタッフさんがバシバシ撮影してくれます。

 

f:id:shitamachi-dog:20180215151711j:image

一番大きなふくろうはこちら。羽を広げてワサッーと覆い被さってきました。物凄く大きい。抱きついてるみたい。大きいですがこの子は温厚な性格なので、怖くありませんよ。

 

f:id:shitamachi-dog:20180215184441j:image

f:id:shitamachi-dog:20180215184445j:image

大きいふくろうと遊んだ後は、小さなふくろうが余計に小さく見えます。さらにカワイイ!

 

f:id:shitamachi-dog:20180215184643j:image

引退したお年寄りふくろうたち。

最年長は、人間でいうと90歳だそうです。ほとんど寝てるとのこと。こちらのふくろうたちは、撮影のみで遊べません。

 

数えるのを忘れてしまいましたが、店内には、引退したおばあちゃんふくろうを含めて20羽ぐらいいました。

退店する際には、お土産にふくろうグッズ(オリジナルピンバッチ)まで頂きました♪

 

浅草よりも料金はお高いですが、お気に入りのふくろうと一緒に過ごしたいなら、こちらの「フクロウのみせ」で決まりですね。

 

f:id:shitamachi-dog:20180215220806p:plainナビゲーターの「アガシン」です。

  • フクロウのみせ
  • 東京都中央区月島1-27-9
  • 月曜日と火曜日は休業、営業時間はお店のブログをご確認ください。
  • フクロウのみせのブログ

 

★浅草のふくろうカフェは、こちら ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング

★このお店が気に入った!という方は、Twitterやブックマークで広めていただけると励みになります! by 野良猫