;

下町に住む野良猫は土日に歩く。

「休日を彩り豊かに」下町住まいのウィークエンドアドバイザー

14cmのバーミキュラを使った料理、第二弾はポトフに挑戦

先日作った野菜スープに続いて、冷蔵庫に残っている具材でポトフを作ります。14センチのバーミキュラは、二人分のおかずを作るにはぴったりのサイズです。

 

f:id:shitamachi-dog:20180204115633p:image

今回も、夕飯後に作っておき、翌朝に食べます。食べてしまわないように我慢しなければ。

 

具材

f:id:shitamachi-dog:20180204115833j:image

  • 人参
  • ジャガイモ
  • かぶ
  • 玉ねぎ
  • 白菜
  • ブナシメジ
  • 椎茸 1個
  • ベーコン
  • ウインナー 
  • 塩 小さじ1/3
  • 胡椒 小さじ1/3
  • 顆粒コンソメ 小さじ1/4
  • ローリエ 1/2枚
  • 水 50cc

 

具材は、なるべくスティック状になるように切っていきます。そうすることで、14センチのバーミキュラに効率良く詰めることができます。加えて、見栄えが良い!

玉ねぎだけは、鍋底に敷くのでザクザク適当に切ってください。

 

乱切りにすると、鍋に全然入りませんよ。

 

鍋に具材を入れます

まず、鍋底に玉ねぎを敷き詰めます。

その上に、他の具材を鍋の中に立てるように入れていきます。バラバラに入れるより、具材ごとにまとめた方が見栄えが良くなりますよ。

 

f:id:shitamachi-dog:20180204121827j:image

今回も、鍋ギリギリまで具材をパンパンに入れました。人参を入れるとウインナーが飛び出すような状態でしたが、それでもぎゅーぎゅー押し込むと良いですよ。

 

野菜を入れたら、ローリエと塩胡椒を投入。

 

f:id:shitamachi-dog:20180204122432j:image

塩は、ソラマチの塩専門店で購入した、英国王室御用達のイギリス マルドンの塩。この塩にはミネラルがたっぷり含まれていて、そのまま口に含んでも塩っぱくない不思議な塩です。

 

煮込みます

f:id:shitamachi-dog:20180204125344j:image

IH調理器具に乗せたら、鍋をしっかり温めるために1分間は最強レベルで加熱して、後はメモリを2/6にして50分間ほど放置します。

「Hey,Siri、タイマー50分!」

こんな時にiPhoneは便利。

 

吹きこぼれないか心配でしたが、初めに水を入れなければ大丈夫でした。野菜から滲み出る水分だけで煮込んでいきます。

早くも加熱から数分後には、「シュッシュッ」と蒸気が対流している音が聴こえてきました。

 

50分経ったところで蓋を開けて、100cc程度の水を投入。さらに好みの味に調整します。味をみながら塩胡椒、顆粒コンソメを入れて、再び加熱すること10分。

 

完成

f:id:shitamachi-dog:20180204143308j:image

ホーローが発する遠赤外線と、熱伝導率の高い鉄鋳物製の鍋全体で具材を温めるから、中は整ったままです。普通の鍋で煮込んだら、具材が動いてぐちゃぐちゃになっているはずです。

 

f:id:shitamachi-dog:20180204144110j:image

しっかり具材から旨味が滲み出て、スープが良い色をしていました。

 

f:id:shitamachi-dog:20180204144243j:image

かぶや人参が甘く変化していました。特に人参は、信じられないほど甘い。

 

先日のカンブリア宮殿では、バーミキュラを製造する愛知ドビー社長 土方さんの、嫌いだった人参を食べるエピソードが放送されました。

このエピソードを裏付ける甘さです。まるで甘露煮にしたような甘さにびっくり。

 

まだかぶが二つあるので、次はかぶを丸ごと使って調理してみようと思います。

 

ちびキャラ

美味しかったからまた作って♪ by妻チャン

 

 はじめて挑戦した料理はこちらからご覧ください。

www.shitamachi55.tokyo