;

下町に住む野良猫は土日に歩く。

「休日を彩り豊かに」下町住まいのウィークエンドアドバイザー

ベトナム ダナンは、ホテルがすごく良い!大満足のリゾートホテル「ナマンリトリート」に泊まろう。

2017年9月7日から、4泊5日でベトナムのダナンに行ってきました。宿泊は4泊全てダナン市最南端のリゾートホテルであるNaman Retreat(ナマン リトリート)です。ダナン市だけでなく、世界遺産である古都ホイアンにもアクセスしやすいダナン。

近年、ベトナムの観光地としてホットなダナンを、ニュートラルな視点でご紹介していきます。

 

Danan ダナン ベトナム Naman

旅行の目的、なぜダナン?

海外旅行のきっかけは結婚です。新婚旅行先として、ベトナム ダナンを選びました。

ダナンは海が美しく、人気が高まっているリゾートだということは聞いていました。でも、それだけでは選べません。

 

ダナンを選んだ理由は主に三つあります。

1.物価が安い

ダナンは観光地として開発の途上であり、物価水準はまだまだベトナムの一地方都市並。観光地化しているバリなどとは比べ物にならないぐらい安いんです。

町で食事をすれば数百円で食べることができますし、現地の人たちが使うマーケットは、日本ならドンキホーテ並のお買い得感。

リゾートホテルの中はもう少し高くなりますが、それでも、エアコンの効いたレストランで綺麗な海と空を見ながら、やはり安いと思える価格で美味しい料理を食べることができました。

2.アクセスが良い

ダナン市の南には、ホイアン市があります。

ホイアン市には、世界遺産に指定されている旧市街があります。

ここは、戦国時代末期から江戸時代初期にかけて日本人町があった場所であり、今でも日本橋とよばれる古い橋がある、世界中から観光客が集まる観光地となっています。ダナンから現地オプショナルツアーが出ており、1日コースはもちろんのこと、半日コースもあって気軽に足を伸ばすことができます。

さらに、北にはフエ遺跡、西南にはミーソン遺跡と、いくつもの世界遺産に囲まれています。

ダナン国際空港からリゾートまでのアクセスも良いので、ダナンを拠点として遊ぶことができます。

3.日本から近い

働いていると、なかなか長期での休みが取れません。新婚旅行といえども、土日を含めて5日間の休暇を取得するのがやっとでした。

ワタシよりもお忙しい毎日を過ごされている方はたくさんいらっしゃると思います。でも、ベトナムなら可能性があるんです。

 

ベトナムのダナンなら、成田空港から6時間かからずに到着することができます。6時間で到着するというアドバンテージは凄く大きいと思います。

ヨーロッパやアメリカなら、1日がかりのところ、ダナンなら到着した日も楽しむことができるんです。だから、4泊5日でも思いっきり楽しむことができました。

距離が近いので旅費もお安くなります。2泊3日、3泊4日でも、大いに楽しめるのがベトナムです。

 

そんなことで、目的地はダナンと決めて、ホテルを探すことにしました。

 

ホテルの予約

プライベートプールに憧れませんか?

ダナンの海沿いには、多くのリゾートホテルがあります。

プライベートビーチや、プライベートプールを備えたリゾートホテルは簡単に探すことができました。しかし、納得がいく部屋を探すのは大変。

国内大手旅行会社のツアーだと、ホテルを指定できないことがあります。ホテルのグレードだけが指定されていて、ホテルを選べません。

なので、ワタシはさまざまなホテルから条件を比較して選ぶことができる、Expedia(エクスペディア)を使って、プライベートプールがある素敵なお部屋を見つけました。

 

Danan ダナン ベトナム Naman

Naman Retreat(ナマン リトリート)

現地のホテルの中では高い方かもしれませんが、

Expedia(エクスペディア)を使って、日本の一般的な旅館と変わらない価格で予約することができました。

初めはネットで予約することに不安がありましたが、日本の旅行会社のウェブサイトよりも断然詳しく記載されたホテルの情報に、不安は杞憂だったと気がつきます。

ホテルの写真を見ながらじっくり探すことができますので、自分好みのホテルをとことん探しましょう。

 

【ホテルの価格は、需給に合わせてリアルタイムで変動します。】

購入しようと思った時に価格が上がってしまうこともあります。ワタシも、選んでいる間に数千円値上がりしてしまいました。もちろん、逆に下がることもあります。すごい技術ですね。

 

 予約したホテル(Naman Retreat)の詳しい情報はこちらから

 

航空券

航空券も、Expedia(エクスペディア)で予約することができました。

予約したホテルに合わせて、航空券の候補が表示されます。

出発する空港と、到着する空港を選び、使用できる航空会社、便からお好みの航空券を選ぶことができます。

ワタシは、往復ともに乗り換える必要の無いベトナム航空の直行便を選びました。もちろん、ホテルだけでなく航空券も、その時の最安値で購入することができました。

 

ホテルと航空券の価格(4泊5日 大人2名)

f:id:shitamachi-dog:20180202203448p:plain

ホテル:Naman Retreat(ナマン リトリート)

お部屋:ヴィラ 1 ベッドルーム プライベートプール (Spa Inclusive)

航空券 + ホテルの価格は、 243,520円でした。

 

航空券は、内105,220円

ホテルは、内138,300円

一人あたり合計121,760円、リゾートホテルですよ。

航空券込み、プライベートプールのお部屋でこの価格。

毎年行きたい。

 

Expedia(エクスペディア)のキャッチコピーである、

「賢い旅、エクスペディアは、伊達じゃありませんね。

 

ところで、Expedia(エクスペディア)は、あのマイクロソフトからスピンアウトした企業だってご存知でしたか。

自宅やお勤め先のパソコンで使って馴染みのある「Windows10」「Excel」のマイクロソフトです。これを知って、少し安心感が増しました。

 

 ベトナム航空に搭乗した記事はこちらから

ベトナム航空と聞いて、正直に言って、あまり馴染みがありませんでした。大丈夫なんだよね?という印象でした。しかし、調べてみると、2003年にボーイングB777を導入して以来、最新の機材を使用している優秀な航空会社でした。

現在のベトナム航空の航空機は、平均使用年数5年と、地域で最も新しい機材を使用している航空会社です。アジアのみならず、ヨーロッパや北アメリカにも就航しています。

 

Airbus エアバス A321

現在、エメラルドグリーン色の、ボーイングB787やB777、エアバスA350やA321が就役していて、とても優秀な航空会社です。(写真は搭乗したA321)

 

CAさんはベトナム人が中心

CAさんはベトナム人が中心でしたが、日本からベトナムに向かう便には、日本語を話せるCAさんが搭乗していました。「流暢な日本語」とまではいきませんが、コミュニケーションにまったく不安はありません。

ただ、ベトナムから日本に帰国する便には、日本語を話せるCAさんはいませんでした。100%乗っているというわけではありませんが不安はありません。日本とベトナムの直行便ですから、多くの日本人が搭乗しています。少し、安心しますね。

 

次回は、ダナン市街の様子をご紹介したいと思います。

www.shitamachi55.tokyo