;

下町に住む野良猫は土日に歩く。

「休日を彩り豊かに」下町住まいのウィークエンドアドバイザー

AdSense|私はこうして合格した。ブログは文字数に注意しなければならない。

副業が解禁される方向にありますが、AdSenseに登録して広告収入を得るというのも、ひとつの選択肢ではないでしょうか。しかし、ブログや周囲の人たちからの話しを聞くと、「どうやって登録するの?」「不合格だった」「どうすれば良いの?」という声がちらほら聞こえてきます。

確かに、私もAdSenseに登録して運用していますが、一度目の申請は不合格でした。これから副業をしたい、広告収入を得たい!という読者さんに向けて、AdSenseに申し込み合格した経験をまとめたいと思います。

f:id:shitamachi-dog:20180115132303j:image

まずはブログを用意する

当然ですが、媒体がなければ掲載できません。

 

はてなブログ(無料)から始めよう

無料ブログを使うのが、一番手軽に始める方法です。レンタルサーバにWordPressを組む方法もありますが、サーバ構築よりも記事にこそ力を注ぐべきなので、ワタシはおすすめしません。

ワタシ自身は、So-netブログからスタートしましたが、iPhoneAppの使い勝手が悪いので、現在ははてなブログに引っ越しています。

PCよりもiPhoneの方が圧倒的に触れている時間が長くなった現在では、ブログもiPhoneで書くことがほとんどです。アプリに実装されていない一部の機能は、iPhoneで下書きを保存して、PCから仕上げて公開しています。

 

モバイルアプリは重要

写真撮影も、たいていはiPhoneを使っています。アンドロイドなどのスマホを使っている方も、撮影はスマホということが多いのでは無いでしょうか。スマホで撮影して写真をブログに使う。スマホほどブログ制作に適したアイテムはありません。

だからこそ、ブログ用スマホアプリの使い勝手は重要なんです!

 

そういうことで、AdSenseを利用されている方が大勢いて実績もある、はてなブログをおすすめします。

 

記事を書こう

ブログの利用登録を済ませたら、記事を書きましょう。

記事については、記事数や文字数について、いろいろと参考になるブログがありますが、ワタシの経験から次のように考えています。

 

文字数

文字数が多ければいいというものでは決してありません。しかし、記事が読者の為になることが、AdSenseでは求められています。

例えば、直近の次の記事は、リンクのためのURLを除くと、概ね1,000文字です。

 

何かひとつのことに言及した場合、たいていの場合1,000文字は必要になってきます。この記事は写真を多く使っている上にイヤホンのことまで記述しているので、どちらかというと価値は低い部類に入ると思います。もっと、お店の歴史や他のメニュー、もしくは混雑する時間帯について触れることができれば、読者に良い価値を提供できそうですね。自ずと文字数も増えてきます。

また、「キタキタキターッ」「み・・・・つ・・・・け・・・・た!」などで文字数を稼いだとしても、それは読者に価値を提供しているとは言い難く、グーグル先生にも評価されないと思われます。

何より、そのような語句は検索されないので、自分に対しても価値を産まない恐れがあります。(=検索にヒットせずPV数が伸びない)

 

AdSenseに申し込む前に

自分が書いているブログ記事の文字数がどの程度あるのか、しっかり数えてください。写真を多様していたり、写真に一言添えているだけだと、想像するより文字数はだいぶ少ないです。はてなブログなら右下に文字数が出ますし(iPhoneAppでも)、文字をコピーしてメモ帳等に貼り付けて計測しても構いません。

 

記事の数

記事の数は、10〜15本がAdSenseの審査を通過するラインだと言われていますが、確定的ではありません。ワタシは、記事数が80本を超えている時に申し込みましたが、「不十分なコンテンツ」を理由に承認されませんでした。ですから、記事が多ければ良いのではなく、1本の記事にどれだけ価値があるかが重要です。

不承認となった後、過去の記事12本の内容を充実させたところで再び申し込み、見事に承認されることができました。この時、その12本の記事は、いずれも1,200文字〜1,500文字でした。

 

不十分なコンテンツの理由

不承認を通知するメールを元に、ざっくり纏めると次のことが考えられます。

  1. ページに十分なテキストが無い。画像や動画、Flash アニメーションがほとんどを占めるウェブサイトは承認されません。
  2. タイトルだけでなく、意味のある文章や段落が記事には含まれていなければなりません。したがって、単語の寄せ集めではなく、文章である必要があります。
  3. ウェブサイトは、AdSense にお申し込む前に完成している必要があります。未公開だったり、「工事中」や「作成中」のページがあったり、テンプレートをアップしただけの状態では承認されません。
  4. 読者が記事を探せる、辿れるようにしておかなくてはなりません。はてなブログの場合は、過去の記事へのリンクやカテゴリー表記などがあり、容易に見つけることができる設計になっているので問題ありません。

 

「不十分なコンテンツ」を理由に不承認となった場合、最も多い具体的な理由は1.のテキスト(文字数)の不足では無いでしょうか。

ワタシが承認されなかった理由も、その後修正し承認された経緯を踏まえると、これだと考えられます。

3.は、ブログの記事そのもののことではありません。ブログの場合には、明日も明後日も記事は増えていきますので、記事以外の部分を完成させておく必要があります。(自己紹介を完成させたり、空白のページを作らないようにしたり)

 

記事の内容

まず第一に、AdSenseは、広告を反社会的なウェブサイトや猥褻なウェブサイトに掲載することを認めていません。ですので、そのような記事は書かないようにしましょう。

では、どのような記事をおすすめするかと言えば、まずは自分の生活や行動にかかわるものをおすすめします。

というのも、ブログの為だけにネタを考えて文章を起こすのは、相当なエネルギーを使います。それに比べて、自分の趣味などの生活や行動など一部であれば、ブログの為に特別なことをする必要は無く、長続きできます。

ただし、それが読者に受け容れられるものかどうかという問題は残ります。

けれども、これから始めるのであれば、いきなり素晴らしいものを作ろうとせずに、続けることを優先しましょう。

 

ここまでのまとめ

  1. 無料ブログを開設する(有料版で独自ドメインに対応し、広告掲載を禁止していないブログ/アプリの使い勝手は要チェック)
  2. 文字数が最優先では無いが、1,000文字以上の丁寧な記事を書く
  3. 記事のテーマは、書き続けられるもの
  4. 最低でも10本の記事を用意する

 

まずはAdSenseを使って広告を掲載するブログが無ければ始まりません。急がず着実に記事を積み重ねましょう。

次回は、ブログをAdSenseのレギュレーションに合わせる作業を行います。