;

下町に住む野良猫は土日に歩く。

「休日を彩り豊かに」下町住まいのウィークエンドアドバイザー

日本橋|目の前で職人の和菓子作りを見られるカフェはここ!

日本橋のCOREDO室町3(コレド室町)、外からガラス越しに見える和菓子屋さんは「鶴屋吉信」といいます。

創業は江戸時代の1803年といいますから、200年以上続く老舗です。

本店は京都ですが、昭和35年には築地に支店を開設されました。

その後、日本橋室町には、昭和50年に新築開店し、今のCOREDOに至ります。

元々COREDO室町が建つ場所にあったと思われますが、残念ながら、COREDO室町が建つ前の日本橋をさっぱり思い出せません。。。

 

そんな老舗の鶴屋吉信では、老舗らしからぬというのは固定観念かもしれませんが、和菓子作りの体験会や、実演販売をされています。

本日は、COREDO室町で常時実施している、実演販売をご紹介いたします。

 

和菓子の実演販売とは

f:id:shitamachi-dog:20180109013036j:image

説明は不要かもしれませんね。

目の前で職人さんが和菓子を作り、その和菓子を抹茶とともにいただくことができます。

和菓子を食べることはありますが、目の前で作られた和菓子をそのまま食べるというのは、他ではなかなか経験できないのではないかと思います。驚きの職人さんの手仕事を見て、一層美味しく感じますよ。

 

和菓子作りの実演

f:id:shitamachi-dog:20180109013636j:image

まずは、4種類の和菓子の中から、お好きなものを一つ選びます。カブだけは2色ありますので、どちらか一つになります。

f:id:shitamachi-dog:20180109014207j:image

それぞれ、職人さんが説明をしてくださりますので、安心して選ぶことができます。また、和菓子はいつも同じというわけではなく、季節によって一部の和菓子が入れ替わります。

 

ワタシは、赤のカブを選びました。

なお、それぞれ説明を聞きましたが、和菓子を食べ慣れて無いので、チンプンカンプンでした。。。

「これは皮に求肥を使って◯◼️▲、、、」

 

f:id:shitamachi-dog:20180109014519j:image

f:id:shitamachi-dog:20180109014724j:image

手際よく、ワタシの和菓子が出来上がっていきます。使うのは竹串などであって、近代的なものは何も使いません。

 

食べます、抹茶とともに

f:id:shitamachi-dog:20180109021801j:image

f:id:shitamachi-dog:20180109021828j:image

この愛嬌がある和菓子の姿が良いですね。

f:id:shitamachi-dog:20180109081816j:image

食べるとあっさりした甘味。

楊枝で切った時の、なんとも言えないニャキ〜という感触が堪りません。

抹茶は苦味なく飲み易い、お子さんでも大丈夫ですね。

 

f:id:shitamachi-dog:20171230172624j:image

そして、食後には京番茶。

強烈にローストした茶葉の香りが漂います。その香りに慣れてくるところには、口の中がさっぱりとしました。

抹茶よりこちらの方が、お子さんには苦いと思われます。

 

休日は並ぶことがありますが、喫茶コーナーの一部として常設されています。

日本橋にお立ち寄りの際には、覗いてみてください。

人気ブログランキング