下町に住む野良猫は土日に歩く。

「休日を彩り豊かに」下町住まいのウィークエンドアドバイザー

蔵前の自家焙煎コーヒー「Coffee Wrights」から相変わらず良い香りが漂ってきます

東京のブルックリンと呼ばれる蔵前。

蔵前といっても広いですが、昔からの蔵前は3丁目や4丁目となり、地元の方達の中でも、蔵前の本流は3丁目、4丁目という自負をお持ちだと、不動産屋から聞きました。

確かに、蔵前1丁目と2丁目は、蔵の前ではなく、蔵があった場所でしょう。

 

さて、2017年11月にオープンしたカフェ Coffee Wrights 蔵前をご紹介します。こちらは、三軒茶屋にあるCoffee Wrightsの2号店になります。

 

元々は三軒茶屋店で自家焙煎をしていたところ、蔵前の良い物件に出会い、キャパオーバーしていた焙煎機能をオープンと同時に移転したとのことです。

三軒茶屋店のオープンから1年と経たずの蔵前店のオープンですが、母体はWAT inc.というカフェを運営する企業ですので、バックボーンのしっかりしたお店です。

 

Coffee Wrightsの場所

場所は蔵前小学校(現在、建て替え工事中)の横になります。ダンデライオンチョコレートや、お茶のNAKAMURAがある路地になります。

マップ:都営浅草線蔵前駅周辺

 

店名の「CW=Coffee Wrights」は「コーヒーを作る人」という意味だそうな。

f:id:shitamachi-dog:20171125140519j:image

外観は商店そのもの。

元々は、ラミネート用品のお店だったとのことです。二階を見ると、今でもラミネート屋さんの看板がありました。2018年3月現在、外装工事を行なっています。何か変わるのでしょうか。

f:id:shitamachi-dog:20180318232652j:plain

 

f:id:shitamachi-dog:20171125142143j:image

コーヒーを扱うお店ですが、ものすごくの雰囲気が漂っています。ダンデライオンチョコレートもそうですが、蔵前は木材が似合いますね。同じくリノベーションしているお店である、茶のNAKAMURAに雰囲気が似ています。

 

コーヒーの種類

f:id:shitamachi-dog:20171125142403j:image

店内にはすこし窮屈そうに、焙煎機が置かれています。カウンターには、マルゾッコのエスプレッソマシン。ということで、メニューを見てもエスプレッソ系コーヒーに力を入れているお店なようです。

ドリップコーヒーは、シングルオリジン又はブレンドから選択することができます。(価格は異なります)

この日のシングルオリジンは、ケニアエチオピアの2種でした。また、別の日には、3種類の中から選ぶことができました。焙煎状況によって選べる豆は変わるようです。

 

f:id:shitamachi-dog:20171210234806j:image

スイーツは、小さいながらも個性的で可愛いものばかり。💖

 

店内イートインコーナー

f:id:shitamachi-dog:20171125143525j:plain

f:id:shitamachi-dog:20180318231949j:plain

奥に、少しですがイートイン席が用意されています。テーブルに椅子が8脚ベンチシートに3〜4人といったところ。お手洗いもありました。
3月17日は、桜が綺麗に飾ってありました。

 

f:id:shitamachi-dog:20171210235519j:image

手作り感満載のテーブルと椅子は、椅子の座面が高すぎて座り心地は微妙です。なので、ものすごく背が高くない限り、奥のベンチシートがお勧めです。

 

コーヒーの味はいかがでしょう

f:id:shitamachi-dog:20171210235721j:image

シングルオリジンのエチオピア(480円)

見事なフルーティな香り、飲むとしっかりとした酸味があって、ワタシの口にはとてもマッチしました。

 

f:id:shitamachi-dog:20171125142724j:image

カフェラテの場合は、イートインであっても紙のカップになるようです。

紙カップで蓋が閉まっていると、ちょっと残念。コーヒーって、視覚や嗅覚でもしっかりと楽しめますからね。

 

カフェラテのお味の方は、端的に言うと苦め。ワタシは甘味か酸味派なので、もっとミルクの甘みが出てると良いんですが。いつもは使わないシュガーを貰ってしまいました。

 

その際、スタッフさんの気遣いがすごく良くって、シュガーを探すワタシにすぐに気が付いて、サッと用意して、ワタシのカップを預かると、奥で入れてきてくれました。

おぉ、なんと素晴らしいスタッフさん。✨

 

蔵前の町

f:id:shitamachi-dog:20171125144603j:image

古いけどその中に新しさを取り込んでいる蔵前。問屋などの商店が減って、一時期はどうなるかと思いましたが、ジャンルを問わずクリエイター達ががここにお店を構え出しています。

浅草にも歩いていけるこの町は、コーヒーに、食べ物に、買い物に、観光にも、良い町になっています。

 

  • Coffee Wrights 蔵前 / Kuramae
  • 台東区蔵前4-20-2

すぐ近くにのダンデライオンチョコレートの記事はこちらです。↓ ↓ ↓

www.shitamachi55.tokyo

人気ブログランキング

★この記事よかったよ!という優しい方がいらっしゃいましたら、Twitterやブックマークで広めていただけると励みになります!