下町に住む野良猫は土日に歩く。

「休日を彩り豊かに」下町住まいのウィークエンドアドバイザー

清澄白河| アライズコーヒーエンタングルは寝るほど居心地が良かった!

1日でいろいろな場所を巡りましたが、

またもやコーヒーは清澄白河です。

 

そのお店の雑然とした雰囲気から、

久しく足を踏み入れていませんでした。

お店の前を素通りしていました。

 

しかし、お店の前を通ったときに、

テーブル席が空くのを見てしまいました。

その瞬間、ドアを開け、

お店の中に吸い込まれてしまいました。

 

f:id:shitamachi-dog:20171202225404j:image

アライズコーヒーエンタングル

清澄庭園と清澄公園の間の南側に、お店はあります。ご覧の通り、商店か作業場であっただろう民家の1階を改装し、カフェとなっています。また、名前からも想像できる通り、ブルーボトルコーヒーの近くにあるアライズ コーヒー ロースターズの2号店です。

 

なお、お店の前は通行量が多い割に狭いので、自転車の場合は道路の向かい側に留めるようにしましょう。スタッフさんがそのように注意されていました。

 

店内では

f:id:shitamachi-dog:20171203105006j:image

レジ横の床に置いてある黒板に、本日のコーヒー豆が記入してあります。

豆の名前にその特徴が併記してありますので、豆に詳しくなくてもそれを頼りにして注文できます。

例えば→ エチオピア   フルーティ

ということで、エチオピア豆を注目しました。フルーティな酸味が大好きです。

入れ物は、熱く無いように加工された紙コップです。

 

こちらのお店の口コミには、スタッフさんについて評価が二分するようです。

スターバックスなんかと比較すれば、確かに「おやっ?」と思うことはあるでしょう。例えるならば、下町の商店や八百屋のおじちゃん・おばちゃん的な感じです。大雑把で、ちょっと口が悪かったりしますよね。それでいて仕事はキチンとしている。そういうお店の若者バージョンかと。ワタシはそんな風に捉えました。

 

快適な空間

f:id:shitamachi-dog:20171203113621j:image

奥の席は仙台堀川を背にしていて、窓から暖かい日差しがあたり、さらにエアコンの暖かい風が真上から漂ってきて、あまりの気持ちよさにいつのまにか寝てしまいました。

店内は雑然としているんですが、それはそれでリラックスできる。そんな空間でした。

 

最後に、ワタシはブラックで飲むので関係無かったのですが、口コミによると砂糖とミルクは無いそうです。ブラックで豆の個性を味わって!というオーナーの方針ではないかと思います。

  • アライズ コーヒー ロースターズ
  • 江東区清澄3丁目1−3 
  • 自転車は道路の向かい側に留める。
  • 砂糖とミルクは無いらしい。

人気ブログランキング