下町に住む野良猫は土日に歩く。

「休日を彩り豊かに」下町住まいのウィークエンドアドバイザー

浅草|おにぎり 浅草宿六|おにぎりとお新香で、お酒が美味い。

おにぎり

今ではコンビニでいくらでも買えるおにぎりですから、古くからあるお店は随分前から見かけなくなりました。昔は「おにぎり」の看板を見かけましたが、女将さん達オーナーさんの引退もあったのかもしれません。

 

しかし、おむすび権米衛といった新しいおにぎり専門店は、あちらこちらでだいぶ見かけるようになりました。コンビニ以外でもおにぎりの需要はしっかりあるようです。

先日は、東京駅の中にある専門店で食べましたし。その前は大手町駅構内でも。

 

おにぎりは、日本の伝統的なファーストフード。そんなおにぎり業界の中、古くからある特別なおにぎり屋に行ってきました。

 

 

東京で最も古くからある現役のおにぎり屋

 

f:id:shitamachi-dog:20171114233525j:image

浅草3丁目、浅草寺裏の言問通り沿いにあるおにぎり屋さん、「宿六(やどろく)」

ビルの1階に店舗を構えていますが、昭和29年創業の宿六は、東京では最も古くから営業しているとのことです。

 

 

f:id:shitamachi-dog:20171105101611j:image

f:id:shitamachi-dog:20171105101629j:image

外観はコンクリート造りのビルですが、店内は和風です。客席はカウンター席とテーブル席があり、店内で落ち着いて食べられるのが良いですね。

 

f:id:shitamachi-dog:20171114233920j:image

カウンター席に座れば、目の前にずらっと並ぶおにぎりの種を見ることができます。

種を見ながら食べたいおにぎりを選ぶのは、とても楽しいですよ。

 

夜営業、着席してから

席につくと、まずはお味噌汁を飲むかどうか、確認があります。

メニューの札を見て、ナメコやシジミなどから選びましょう。お味噌汁の注文は必須ではありませんが、あるとおにぎりが美味しくなりますよ。

 

この日は、ほとんど自宅では飲むことが無いシジミを注文しましたが、残念なことにしじみの準備がありませんでした。

シジミ〜〜

 

 

f:id:shitamachi-dog:20171105105044j:image

気を取り直して、ナメコのお味噌汁を注文しました。味噌の具合は東京らしく濃いめです。

 

おにぎりの種は、馴染みのあるものから、食べたことの無いものまでさまざまです。

 

ネギは、注文が入ってから油揚げと混ぜて焼く、一手間かけた一品。はじめに注文しておくと良いですよ。なお、このネギはテイクアウトできないそうなので、ぜひお試し下さい!

 


注文すると、女将さんが使い込まれた木製の型枠にご飯を詰めて、丁寧に、でも素早く、おにぎりを作っていきます。

海苔は江戸前のもの。色が濃くてパリッとして、とても良い味です。

 

f:id:shitamachi-dog:20171105105800j:image

おにぎりは、こんな風に籠に乗って出てきます。外観からは具が何かわかりませんが、握って提供される時に教えてくれますので大丈夫です。ちなみにこれはアミです。

また、おにぎりは順番に出てきますが、はじめのおにぎりの横には、沢庵が二切れ付いてきます。この沢庵がまた美味しくて、もっと欲しくなってしまいます。

 

 

f:id:shitamachi-dog:20171105110202j:image

立てて見ました。

f:id:shitamachi-dog:20171115003206j:image

これはご覧の通りタラコです。大きなタラコがゴロッと入っています。コンビニのおにぎりも美味しいですが、こうはいかないですよね。

 

お酒もあり〼

このお店の雰囲気がとても良くて、お酒とつまみにお新香も追加してしまいました。

お新香は沢庵ときゅうりの浅漬け🥒かと思いきや、斬新な酢の物でした。この日は酢の物でも、日によって違うのでしょう。

 

f:id:shitamachi-dog:20171105110323j:image

お酒の方は、新潟玄米酒です。

宿六でおにぎりとお新香を食べながらお酒を飲めば、浅草通の端くれになれそうです!

 

浅草のこういうお店ですから、カウンター席では、女将さんとから地元ネタをお聞きすることもできます。

この時は、酉の市のお話を伺いました。激混みの酉の市(特に週末に当たると!)ですが、開催日の始まってすぐ深夜0時に行くと、境内に入りやすいとのこと。

 

今年の酉の市は6日(月)だったので、寝ていましたが。日曜日の夜中はキツイですね。

 

〆に再びアミを食べて、ご馳走さまでした。

 

臨時休業や、ご飯をが切れて早仕舞いする日があるので、電話してから行くとベストですよ。

 

 

  • おにぎり浅草宿六
  • 台東区浅草3-9-10
  • 赤い看板が目印です。