;

下町に住む野良猫は土日に歩く。

歴史や名物、カフェを訪ねて、休日に下町を歩きます。

群馬県|草津温泉|共同浴場まとめ。はしごして湯あたりしました。

こんにちは、ふらふらの野良猫🐈です。帰りのバス🚌時間まで、できる限り多く湯巡りしようと頑張っていたら、湯あたりしました。早速調べたウィキペディアによると、湯あたりの原理は解明されていないとのこと。そうなの?

 

 

f:id:shitamachi-dog:20170730131900j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730131923j:image

余談ですが、この湯畑は岡本太郎先生のデザインだとか。ヘェ〜。🌞

 

 

さて、今更ながら、それぞれの共同浴場には、「1日に入る回数は、2〜3回にすること。」って書いてあったのを思い出しました。💦

 

それぞれ短時間だったんですけどね、合計しても湯船には10分と入っていない。でも、湯温が高過ぎたのかしら。最後に入ったところは火傷するようなところだったし。皆さんも、気を付けましょう。

 

 

それでは、気を取り直して湯船をご紹介します。野良猫は温泉マニアでは無いので、成分や源泉の名前は記載しません。草津に旅行して、躊躇なく共同浴場を巡れるよう情報を記入しました。

 

 

.。.:*☆.。.:*☆.。.:*☆.。.:*☆.。.:*☆.。.:*☆.。.:*☆.

入ってみて、湯温が高いと感じた順番にご紹介。

 

  1. 凪の湯
  2. 煮川の湯
  3. 関乃湯
  4. 千代の湯
  5. 地蔵の湯
  6. 御座之湯
  7. 旅館ゆたか 内湯

 

 凪の湯

f:id:shitamachi-dog:20170730133727j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730133754j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730133951j:image

隣の饅頭屋の方が、草津で一番熱いと言っていたのは本当でした。10秒と耐えられない常識外の熱さ。熱が真皮に届くと、熱さのあまり悲鳴を上げてしまいます。長くても10秒しか入ってないのに、野良猫の足裏は半日間ヒリヒリしていました。子供は絶対にダメです。生死に関わります。

 

煮川の湯

f:id:shitamachi-dog:20170730134513j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730134709j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730134535j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730134637j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730141025j:image

ここは、外の扉に何も掲示がありません。他の方のHPには、町民専用との記載もありますが、普通に入れました。

しかし、ここも激アツです。二度、三度と入ってすぐ出て体を慣らし、最後は30秒が限度でしょう。お子さん達は入れませんね。煮川の名前通りです。

 

関乃湯

f:id:shitamachi-dog:20170730141826j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730141909j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730142131j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730142236j:image

ここは、野良猫の一番のお気に入りです。とても狭い浴場なので、たいてい貸し切り状態で入ることができます。 後に入る人のことを考えるとやり過ぎはダメですが、湯船が小さく(湯量が少ない)湯温が調整しやすい場所でもあります。注意点は、狭いが歩行者が多い道路に面していますので、声が外にダダ漏れです。入浴中に「◯ン◯」とか変なことは言わないようにしましょう。(笑)

 

千代の湯

f:id:shitamachi-dog:20170730143131j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730143207j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730143224j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730143248j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730143355j:image

ここから下は、水で薄めることなく子供でも入れると思います。比較的ゆったりと入ることができる共同浴場です。外には、湧き水?地下水?を飲むことができます。風呂上がりには最適ですね。

 

f:id:shitamachi-dog:20170730143635j:image

ただ、夜は入り口真っ暗です。センサーで照明が点灯✨しますが、近づかなければ閉まっているかと間違えてしまいそうでした。あっ、中は明るいのでご安心を。

 

地蔵の湯

f:id:shitamachi-dog:20170730144445j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730144243j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730144304j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730144333j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730144401j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730144421j:image

無料の共同浴場としては、だいぶゆったりとした造りでした。

脱衣所と浴室が一体となっていて、防犯上も安心の浴場です。靴は、脱衣棚の下に潜り込ませてくださいね。

そして、ここは濁り湯なんです。湯に浸かって温泉成分たっぷり!な気分を味わえます♪

 

f:id:shitamachi-dog:20170730144506j:image

永六輔先生作詞の「いい湯だな」が掲示されていました。全文を見ることってなかなか無いですね。👀

 

地蔵の湯の前には、源泉と足湯があります。

 

f:id:shitamachi-dog:20170730144701j:image

地蔵の湯源泉

 

f:id:shitamachi-dog:20170730144907j:image

足湯 熱過ぎでした。。。

 

御座之湯

f:id:shitamachi-dog:20170730145011j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730145113j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730145141j:image

ここは、有料の入浴施設です。

(大人600円)

江戸時代の文献にある御座之湯を、近年復活させたものです。

有料だけあって、トイレや貴重品ロッカーが完備されていますので、安心して入浴できます。シャワーにシャンプーやボディーソープもあり、体を綺麗にすることができる場所です。

撮影はできませんでしたが、中にはそれぞれ異なる源泉から引いた二つの浴槽がありました。湯温は熱い方ですが、足を入れるなり熱い!ということではありません。小学生のちびっこ達も普通に入っていました。

 

f:id:shitamachi-dog:20170730145049j:image

二階では、大座敷で休憩できます。

疲れたらここで寝ましょう。

 

 

f:id:shitamachi-dog:20170730145759j:image

f:id:shitamachi-dog:20170730145845j:image

目の前には、白旗源泉があります。源頼朝にちなむようですが、ネットで調べると、吾妻鏡には何ら記載が無いそうです。確かに、佐殿(頼朝公)直々に上野国まで遠征したという話は聞いたことがないですね。

そして、日本人は、こういう水が溢れる場所を見るとお金を投げ込みます。何に祈ってるのでしょうか。源泉の維持の妨げになるようです。お金を投げ込まないでくださいとあります。辞めましょう。

 

 

旅館ゆたかの内湯

f:id:shitamachi-dog:20170730151545j:image

一号室

f:id:shitamachi-dog:20170730151620j:image

二号室

f:id:shitamachi-dog:20170730151456j:image

三号室

子供大歓迎の子供連れに優しい宿です。食堂にプレイスペースがあったり、壁に絵柄があったり遊び道具がたくさんあります。気兼ねなく草津を満喫することができます。浴場は、全て貸し切りで使えるので(空いていればいつでも何度でも!)家族旅行には最適ですね!

 

 

 

全般的に湯温は高めですが、それでも低めのところ、調整しやすいところがあります。

もちろん、ご紹介したところ以外にも、草津にはたくさん浴場がありますので、お気に入りの一箇所を探してみましょう!

 

 

 人気ブログランキング