;

下町に住む野良猫は土日に歩く。

歴史や名物、カフェを訪ねて、休日に下町を歩きます。

文京区本郷|博物館 東京都水道歴史館|江戸時代から続く水道

蛇口を捻ると出る水について知りたければ、本郷にある東京都水道歴史館が最適だ。名水があったという御茶ノ水、神田上水を渡していた水道橋からも近い。

 

 

f:id:shitamachi-dog:20170402203853j:image

水道という身近で馴染みがあり過ぎるもののせいか、とても空いている博物館。しかも入場無料でナイス。さすが文京区は、教育施設が充実している。

 

 

それでは中へ。

 

 

入場無料だが、受付お姉さんからパンフレットを貰おう。さらに、音声ガイドも無料で借りられるので、借りると良いかも。

 

 

順路は二階から。 

 

 

f:id:shitamachi-dog:20170402224233j:image

地中に埋まっていたという木樋(もくひ)がドーンと横たわる。江戸時代に使われていた本物だ。

 

 

f:id:shitamachi-dog:20170402224822j:image

 これは、東京駅にあった大名屋敷跡から発掘された木樋。かなり良い常態で発掘されたようだ。

 

 

f:id:shitamachi-dog:20170402225028j:image

これは、今の汐留シオサイトだろう。伊達家等大名3家の屋敷があって、大々的に調査され、上水の木樋がそのままの姿で埋まっていた模様。

 

 

f:id:shitamachi-dog:20170402225356j:image

共同水道。蛇口の語源はこれ!よく見ると、大正期のこの共同水道には龍の頭が付いていて、龍は蛇とも呼ばれることから、蛇口と呼ばれるようになった。もしもデザインが龍ではなく亀だったら、現在では亀口と言われていたのか…

 

 

f:id:shitamachi-dog:20170402230031j:image

ダムから送水するのに使う、なんと直結2,800ミリの鋼鉄製水道管。小河内ダムからは、この水道管でとてつもない量の水が区内に向かって流れているのだ。

 

 

f:id:shitamachi-dog:20170402230316j:image

 

 

最後に、ラウンジでアンケートを記入して、ピンバッチをゲットしよう。さらに、音声ガイドを返却する際に「東京のお水が飲みたい!」と言って、東京の水(脱塩素済み)を飲もう。

 

 

当たり前のように 使っている水道だが、世界では水道が無い地域が多いと思われる。この展示を見て思うのは、江戸時代から素晴らしい上水システムを運用していた先達に感謝したい、ということ。そして、水道を維持する東京都水道局にも感謝したい。

 

 

 f:id:shitamachi-dog:20170402231448j:image

色褪せてる?

No!そういう色です!( ー`дー´)キリッ

See you again.

 

 

[DATA]